ハンカチーフ工場

  • 2009.09.30 Wednesday
  • 08:55

 こんにちは。
先日は日帰り出張でハンカチーフの工場に行って来ました。
今回はあまり知られていないハンカチーフのこだわりと裏側をご紹介したいと
思います。


これはちょうどハンカチーフ用の「先染(さきぞめ)」生地を織っているところ。

ハンカチーフの種類を技法によって大きく分けると
先染(さきぞめ)」「プリント」「エンブロイダリー(刺繍)」「レース
がありますが、どれも甲乙つけ難い魅力があると思います。

「先染」は、布地を織る前に先に糸を染める技法ですが、
布地を織ってから後で染める技法「後染」に比べると、
色に深みがあって、生地が柔らかく仕上がり、色も落ちにくいといった
メリットがあります。
チェックやシャンブレーといった柄はその代表的なもので、綿素材では
紳士用ドレスシャツ生地やテーブルクロスなどにも良く見られます。

当工場で織っている生地は、市場に流通している汎用で使用できる生地とは
異なる「ハンカチーフ専用」の生地です。
それはハンカチーフとして最適になるように糸を選び、糸を染め、布を織る際の
織機の速度まで管理されています。生産効率を優先して織機の速度を上げると
ハンカチーフ用の繊細な糸は切れてしまい、切れないように糸を加工すると
吸水性が悪くなったり、繊維が硬くなってしまいます。
各工程すべてにこだわりがあります。

沢山の生産工程、沢山の人の手を経て出来上がったこだわりのハンカチーフを
自らも大切に使いたい、そしてその魅力を伝えていこうとあらためて思いました。

リネンの季節到来!!(その4)

  • 2009.07.28 Tuesday
  • 09:05

 皆さんこんにちは!!
運営スタッフの山岸です。

今回は女性用「リネンハンカチーフ レース」のご紹介です。
麻は天然繊維の中で最も丈夫な素材。と聞くと何となく
紳士用ハンカチーフのイメージを持たれるかたもいらっしゃる
と思いますが、ありますよ女性用!!
使うほどに柔らかくなり手になじむ麻リネン素材は
女性用ハンカチーフとしてもこの時期とくにおススメです。
では早速ご紹介しましょう(^○^)//


上から「ホワイト」「ベージュ」色は
これぞリネンというナチュラルな感じだと思います。
ピンク」、「ブルー」、「オレンジ」、「ラベンダー」は
マカロンの様な可愛らしい色ですね。リネン製品にはわりと珍しい色
ですが、リネンならではの冷たい感触もあって爽やかな印象だと思います。
生地と同色の2本のピコ刺しゅうでアクセントが施され、
控えめなレースを加えて細部までエレガントに仕上げられています。

このままシンプルにお使いいただいても良いのですが、
イニシャル刺しゅうを入れるのもおススメです。
たとえば・・・

オレンジ(ハト文字・オレンジ)、ピンク(花文字・ピンク)
リネンの爽やかなイメージでハンカチと同系色の糸で
刺しゅうを入れてみました。
よく見るとさりげなくイニシャルが入っている感じが
なかなかいいでしょう?


ラベンダー(ハチ文字・ホワイト)
ラベンダー生地にはレースの色に合わせて、
ホワイト色文字にしてみました。
あえて色数を抑えても花やハチのモチーフが引き立っていいでしょう?
文字の字体も、刺しゅう糸の色もまだまだありますので、
皆さんも是非ベストな組み合わせを探ってみて下さい!!

刺しゅうを入れると繊細な感じですが、洗濯にも強い丈夫な
リネン素材なので、これからの夏本番かなり使えると思いますよ。
プレゼントにも是非いかがでしょうか!!

リネンの季節到来!!(その3)

  • 2009.06.10 Wednesday
  • 09:07

 皆さんこんにちは!!
運営スタッフの山岸です。

夏本番を目前に控え、連続でご紹介させていただいております
麻(リネン)特集ですが、今回はインポートハンカチーフの中から
イタリア製の「ブルーリノ(BLULINO)ハンカチーフ」のご紹介です(^○^)//


現在リネンが収穫されている産地の中でも最も高品質と言われるフランス・
ノルマンディ地方を中心とした原料を使用し、老舗でありながら世界トップ
クラスのリネン糸紡績技術をもつイタリア・リニフィチオ社
そのリニフィチオ社のリネン糸を使用しているリネン製品のブランド名であり、
リネン製品を製造する加盟企業のグループ名がブルーリノ(BLULINO)です。
そしてそのリニフィチオ社が製品になるまで手がけたハンカチーフが、
このブルーリノ(BLULINO)ハンカチーフです。


最初からこのような箱に入っています。
箱にはMADE IN ITALYの文字、そして原料であるリネン(亜麻)の
青い花が描かれています。


個人的な感想ですが、当店の定番「ホワイトリネンハンカチーフ」と比べると
糸が太くてずっしりとしたリネンの重さを感じます。
ホワイトデニムの様なカジュアルな感じ。
縫製は三つ巻きですが、非常に丁寧な仕事をしていると思います。

そしてこのハンカチーフの一番の魅力は、「リネンなのでしわになりますが、
何か問題でも?」と問い掛けられているかの様なリネンの味わいだと
思います。ファッションの流れがベーシックに回帰しつつある今、この素朴さ
が懐かしくもあり、かえって新鮮にも感じられます。
使い込むとさらに味がでて良い雰囲気になりそうです。

ハンカチーフギャラリーではこちらのハンカチーフにも
イニシャル刺繍が出来ます。
父の日のプレゼントにもいかがでしょうか!!

リネンの季節到来!!(その2)

  • 2009.06.03 Wednesday
  • 09:05

 皆さんこんにちは!!
運営スタッフの山岸です。

前回に引き続きリネンハンカチーフのご紹介をさせていただきます。
今回ご紹介するのは定番中の定番!!「ホワイトリネンハンカチーフ」です。

当店では麻(リネン)糸の番手とサイズ・縫製の違いによって
6種類のホワイトリネンハンカチーフがあります。
148/148番手・48cm×48cm・フランスヘム
108/148番手・48cm×48cm・片ヘム(イギリスヘム)
96番手・46cm×46cm・片ヘム(イギリスヘム)
86番手・46cm×46cm・片ヘム(イギリスヘム)
80番手・43cm×43cm・片ヘム(イギリスヘム)
66番手・41cm×41cm・片ヘム(イギリスヘム)

<糸の番手>
糸の番手は数字が大きくなるほど細い糸を使用しておりまして、
細番手のものはリネンならではの優れた特徴を持ちながらも
より繊維が柔らかく、しなやかさを併せ持っています。
とくに148番手は収穫量が少なく、その年によってはほんの僅かな量しか
収穫できないほど大変希少なリネンです。

<サイズ>
糸が太いものほど生地のボリュームがあるので
サイズを小さくしており、ポケットの中でもかさばりません。

<縫製>
縫製は片ヘム(別名イギリスヘム)というハンカチの縫製で最も丈夫な方法で、
シワや縮みにより型くずれしやすいリネンをしっかりとスクエアに保ちます。
洗濯にも強いリネン素材のハンカチーフに合った強くて丈夫な縫製です。
148/148番手ではアンティークのハンカチーフにも見られるフランスヘムと呼ば
れる縫製で、生地のやわらかさにふさわしく上品な雰囲気に仕上げています。

写真上:片ヘム(108/148番手・48cm×48cm)

写真上:フランスヘム(148/148番手・48cm×48cm)

<産地>
現在リネンが収穫されている産地の中でも最も高品質と言われるフランス・
ノルマンディ地方産を中心とした原料を使用し、イタリアの紡績工場で作られた
糸を日本国内でハンカチーフに最適な生地に織り、ハンカチーフを作っています。

こんなこだわりがいっぱいの「ホワイトリネンハンカチーフ」、
これからの夏本番に備えて是非いかがでしょうか!!

リネンの季節到来!!(その1)

  • 2009.05.27 Wednesday
  • 09:00

 皆さんこんにちは!!
運営スタッフの山岸です。

さて、今年ももうすぐ暑い夏がやってきますね。
これからの季節を快適に過ごす為に、麻(リネン)素材のハンカチーフは
いかがでしょうか。


麻には大きく分類すると「リネン(Linen・亜麻・あま)」と
「ラミー(Ramie・苧麻・ちょま)」の2種類がありますが、
リネンはラミーに比べて繊維がしなやかで柔らかいため、
よりハンカチーフに適した素材と言えます。
当店の麻素材ハンカチーフはすべてリネンにこだわっています。

その特徴は、
●水分の吸収・発散が早い
●熱伝導率が高く、ひんやりとした触感
●強くて丈夫
●汚れが落ちやすい
などなど、非常に多機能な天然繊維なのです。

そんなリネンの歴史は非常に古く、考古学者によると紀元前8,000年、
なんと1万年前から人類はリネンを使用してきたそうです。
「人類最古の繊維」であり、現在でも人々を魅了し続けるリネン。
その良さを実感していただけるアイテムのひとつが
ハンカチーフであると思います。

ハンカチーフギャラリーでは、リネンハンカチーフへのイニシャル刺繍
ギフト箱へのセットアップも出来ますので、夏のギフトにもおすすめです!!

次回(近日中)、に詳しく商品説明をさせていただきたいと思います。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

ハンカチーフギャラリー

LINE@

facebook

ブログ村

ハンカチーフギャラリー東京ソラマチ店スタッフブログ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM